アトピーでもスキンケアする


肌が痒くなる女の子肌の水分が不足してくると乾燥肌になってしまいますが、バリア機能がしっかりと対応できている肌ならば、潤いが保たれていることでしょう。しかし、水分不足になった肌は、ちょっとした刺激によって皮脂膜が無くなってしまいます。こうなると水分不足が一番の原因になり、素肌が乾燥してしまい、次第にかゆみを伴うようになる人もいるようです。

肌がかゆくなると余計に掻いてしまいがちですが実は、水分不足だけでなくて外部からの刺激に反応してアレルギー反応を引き起こしていることも考えられています。黄砂なども乾燥している寒い時期に風に乗って大陸から横断してきますし、花粉の季節などにも素肌がかゆくなる症状がみられる人も多いようです。

特に幼児頃からはじまるアトピー性皮膚炎では、自宅内のダニやホコリなどのアレルゲンに反応して、肌がかゆくなり咳なども出てきます。もちろん改善するためには、まず第一の要因であるアレルゲンを徹底的に除去することから始めなければいけませんね。

また、アトピー性皮膚炎を改善するためにも肌のバリア機能は大切な役割を果たします。水分不足にならないためにもスキンケアをしっかりと行い、肌に潤いを与えてあげてください。病院で処方される薬と併用できるものを担当医に確認して使うといいですね。

素肌のためにも肌のバリア機能は念入りにお手入れするといいでしょう。

関連サイト⇒アトピーのスキンケア販売