バリア機能はセラミドが大事

素肌の乾燥を防ぐために肌のバリア機能は頑張っているわけですが、風邪を引いたり、紫外線に当たりすぎてしまうなど、生活環境の中で肌が乾燥してしまうことは多々あります。これらは外的ストレスとも呼ばれていて、簡単に皮膚にダメージが加わってしまうのです。また、免疫力が低下することでも内臓などが刺激を受けて肌のバリア機能が低下すると考えられています。

スキンケア

それでは、どうすればバリア機能が低下しないで済むのでしょう。肌への刺激が一番の大敵だと考えられています。洗顔するにせよ、ゴシゴシとこするような洗い方では皮下組織に刺激が伝わってしまうので組織的にも大きなダメージが加わってしまうのです。また、肌の生まれ変わるターンオーバーは、バリア機能が低下してしまうことで水分も不足したままになってしまうと考えられています。そうなれば、シミやソバカス、シワなどの原因となってしまいます。

肌の潤いを保つためにも基本となりスキンケアをしっかりと守るようにしたいものです。その中でも角質層の間に保たれているセラミドが失われないようにすることが大切です。ナノレベルでの化粧水や乳液ならば肌の内部まで浸透しますので、セラミドが配合されている化粧品を選んでスキンケアすることが必要です。