Latest Posts

アトピーでもスキンケアする

肌が痒くなる女の子肌の水分が不足してくると乾燥肌になってしまいますが、バリア機能がしっかりと対応できている肌ならば、潤いが保たれていることでしょう。しかし、水分不足になった肌は、ちょっとした刺激によって皮脂膜が無くなってしまいます。こうなると水分不足が一番の原因になり、素肌が乾燥してしまい、次第にかゆみを伴うようになる人もいるようです。

肌がかゆくなると余計に掻いてしまいがちですが実は、水分不足だけでなくて外部からの刺激に反応してアレルギー反応を引き起こしていることも考えられています。黄砂なども乾燥している寒い時期に風に乗って大陸から横断してきますし、花粉の季節などにも素肌がかゆくなる症状がみられる人も多いようです。

特に幼児頃からはじまるアトピー性皮膚炎では、自宅内のダニやホコリなどのアレルゲンに反応して、肌がかゆくなり咳なども出てきます。もちろん改善するためには、まず第一の要因であるアレルゲンを徹底的に除去することから始めなければいけませんね。

また、アトピー性皮膚炎を改善するためにも肌のバリア機能は大切な役割を果たします。水分不足にならないためにもスキンケアをしっかりと行い、肌に潤いを与えてあげてください。病院で処方される薬と併用できるものを担当医に確認して使うといいですね。

素肌のためにも肌のバリア機能は念入りにお手入れするといいでしょう。

関連サイト⇒アトピーのスキンケア販売

バリア機能はセラミドが大事

素肌の乾燥を防ぐために肌のバリア機能は頑張っているわけですが、風邪を引いたり、紫外線に当たりすぎてしまうなど、生活環境の中で肌が乾燥してしまうことは多々あります。これらは外的ストレスとも呼ばれていて、簡単に皮膚にダメージが加わってしまうのです。また、免疫力が低下することでも内臓などが刺激を受けて肌のバリア機能が低下すると考えられています。

スキンケア

それでは、どうすればバリア機能が低下しないで済むのでしょう。肌への刺激が一番の大敵だと考えられています。洗顔するにせよ、ゴシゴシとこするような洗い方では皮下組織に刺激が伝わってしまうので組織的にも大きなダメージが加わってしまうのです。また、肌の生まれ変わるターンオーバーは、バリア機能が低下してしまうことで水分も不足したままになってしまうと考えられています。そうなれば、シミやソバカス、シワなどの原因となってしまいます。

肌の潤いを保つためにも基本となりスキンケアをしっかりと守るようにしたいものです。その中でも角質層の間に保たれているセラミドが失われないようにすることが大切です。ナノレベルでの化粧水や乳液ならば肌の内部まで浸透しますので、セラミドが配合されている化粧品を選んでスキンケアすることが必要です。

スキンケアで肌のバリア

一年を通じて、素肌のスキンケアが求められる時代になってきました。子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方たちが自分の肌に関心を持ち始めたことはとても良いことです。寒い季節になれば、素肌が乾燥し始めますし、どのように手当てをするのが効果的なのか、このサイトでは、肌のバリア機能について説明します。

肌のバリア機能という言葉を聞いたことがあるでしょうか。バリアですので外敵から肌を守ってくれるのは何となく理解できるのですが、一体どのような仕組みになっているのでしょう。私たちの皮膚は、さまざまな外敵から身体を守る役割を果たしています。夏だけでなく冬にも強い紫外線やホコリ、雑菌、そして寒い季節の乾燥などが肌を直撃してくるのを防ぐために皮膚が存在しています。

これらの外敵から肌を守るために、皮下組織ではいつでも肌が潤った状態でいられるように一定に水分が存在するのです。これらが肌のバリア機能と呼ばれている所以です。

女性皮膚のすぐ下にあるのが皮脂膜です。その下には無数に角質細胞が存在しています。そこにあるのが天然保湿因子です。また、角質層には縦横に角質細胞間脂質と呼ばれているセラミドが隙間に存在しています。これら3つの保湿因子がバランスよく存在することで肌を正常化して、肌に潤いを与えているのです。これが「肌のバリア機能」です。肌のバリア機能が低下しないためにも洗顔後に化粧水や乳液をつけて素肌を乾燥から守るわけですが、体調を崩したり、寒い場所に長時間いるなどライフスタイルがもたらす変化によって、肌のバリア機能は崩れてしまうのです。